自動車部品メーカーの海外進出を目指す理由とグループウェアの機能について紹介していくサイトです。

「系列」が特徴の自動車業界

自動車は、エンジンや電装・電子、照明・計器など、約3万点もの部品が組み合わされて出来ている。
国内の自動車部品メーカーは大抵の場合、完成車メーカーの系列に組み込まれているが、それは日本の自動車業界に見られる大きな特徴だ。
完成車メーカーと部品業者が開発から協力して高機能化やコスト削減に取り組めることは、両者の連携によって生まれる利点である。
業界内ではかつて、系列を解体する動きもあったが、現在もなお、日本の自動車が世界をリードしていくために系列は維持されている。
昨今、完成車メーカーが海外に事業展開するときは、部品メーカーも一緒に海外進出して近くに工場を建てるというパターンが多い。

グループウェアが必要とされる理由

今や、国内だけでなく海外にも輸出し高い評価を得ている自動車部品であるが、国内需要が減少したことで今後さらに海外への輸出に部品メーカーは力を入れることが必要になる。

現地法人を作るような会社も増加することが予想されるが、支社が物理的に離れることで、情報共有が困難になる問題が起きる。
特に海外ともなれば、時差の問題で情報共有のための会議も行うことが難しい。
そのような問題を解決できるのが、グループウェアである。
クラウド型グループウェアは海外でも日本と変わらず使えるので、簡単に情報共有ができるようになる。また、勤怠管理も簡単にできるので日本にいる社員が海外にいる社員の勤怠情報も人目で確認ができるのだ。
海外に支社を置くような企業には、グループウェアは必ず使うべきツールであろう。

自動車部品メーカーの今後の経営戦略と必要不可欠なツール、グループウェアとは